メルセデス・ベンツ S 126 560SEC エンジン不調修理

560SEC アイドリング不調でエンストします。

前回腐った燃料を綺麗にしたのでこれから診断開始です。

まず燃圧測定実施。

キーオンで燃圧4.5bar近くまで上がりますが直ぐに0barまで下がってしまいます。

燃圧が保持できてないので構成パーツのフューエルアキュームレーターかフューエルプレッシャーレギュレータの不良があると判断。

燃圧保持する構成部品は他にもありますが今回の症状はフューエルアキュームレーター不良になります。

エンジン始動時の燃圧は4.5barから下がっていくのでエンストします。

この車両では燃圧を上げる機構が他に付いておらずポンプにて6barまであがるのでポンプ不良と判断、交換必要です。 また診断中に、キーオンでポンプ作動しなかったことが何度もあったので診断するとリレーからの87出力が出てない為リレー不良と判断。

交換必要パーツはフューエルポンプ、フューエルアキュームレーター、リレーになります。


交換後始動良好です。

クランキングも長くなくすぐに始動するようになりました。

最後に燃料漏れしていたホースを交換して作業完了です。

ご入庫ありがとうございました。

ysオート千葉(Leading EDGE 千葉 松ヶ丘) ではタイヤ交換以外にも車の修理も行っています。

メルセデス・ベンツディーラー出身の国家2級整備士がの修理をするので安心です。

タイヤ交換、車の修理のご依頼お待ちしています。

〒260-0807  ysオート千葉(Leading EDGE 千葉 松ヶ丘) 千葉県千葉市中央区松ケ丘27-5 お問い合わせ: 043-488-4551

お気軽にお電話で問い合わせください